先端巨大症

投稿日:2012年12月10日|カテゴリ:医療ニュース

【先端巨大症】

体の維持に不可欠なホルモンは出過ぎたり足りなかったりすると様々な症状が表れるが、中でも成長ホルモンは過剰分泌になると「先端巨大症」に、不足すると「低身長症」になる。

<原因>
下垂体に良性腫瘍ができるなどの原因により、成長ホルモンが過剰に分泌されて発症する。

<症状と特徴>
・アクロメガリーとも呼ばれ、40、50代での発症が多い。
・男女での発症率に大きな差はない。
・国内患者数は約1万人で、国の難病指定を受けている。
・顔立ちの変化や手足の肥大などの外見上の変化の他にも、糖尿病や高血圧を合併するなど全身に様々な影響を引き起こす。
・脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクも高まり、放置すると寿命が10年短くなるといわれる。

以下のような症状があれば先端巨大症の可能性がある。
■あたま
・頭痛がする
■歯・舌
・咬み合わせが悪くなった
・歯並びが悪い
・舌が大きい
・舌がからまる
■目
・視野が狭くなった
・視力が悪くなった
■顔つき
・顔つきが変わった
・額や目の上が飛び出ている
・下あごが出ている
・唇が厚い
■のど
・いびきが大きいといわれる
・睡眠時に呼吸が止まるといわれる
・声が低くなった
■手・関節
・指先がしびれる、関節が痛む
・いつも手が汗ばんでいる
■体調
・汗をかきやすい
・疲れやすい
・寝付けない
・月経が不規則
・不妊、性欲低下
■手足の大きさ
・手が大きくなり、指輪が入らなくなった
・足が大きくなり、靴がきつくなった
※(注)アクロメガリー広報センターなどの資料をもとに作成

<治療方法>
・基本は手術で、成長ホルモンを増やす原因となっている腫瘍を取り除く
・鼻からの内視鏡で脳下垂体の腫瘍を除去するのが一般的
・完全に除去できない場合は、成長ホルモンの量や作用を抑える薬を併用する
・治療後は、問題なく日常生活を送れるようになる人も多い

患者自身や家族、医師が気付けばすぐに取り組める病気と専門家は口を揃えており、まずは「気付くこと」が重要な病気です。